2020年8月3日キャリコネニュースにeSportStars事業が取り上げられました!

個人がスキルを売買するCtoCプラットフォーム「タイムチケット」がeSports事業に乗り出します。

2020年10月に中国語圏、日本語圏、英語圏でリリース予定の『eSportStars(通称:いぽすた)』は、プロ選手やファンが自由に好きなゲームの対戦相手を探してプレイできる、というこれまでにないサービスです。

プロゲーマーや配信者は、「いぽすた」上でトーナメントの開催やレッスンなどを、自ら企画してチケットを販売することで、ゲームのトレーニングをしながら副収入を得られます。また、ファンやプロゲーマーを目指す人は、憧れの選手とのプレイを通して活動を直接サポートすることが可能に。腕前が認められればプロチームにスカウトされることもあるのではと見込んでいます。

『eSportStars(通称:いぽすた)』の開発・運営はタイムチケットのスイス子会社TimeTicket GmbHが行います。

記事は下記よりご覧ください

「好きなゲームを仕事にできる環境を作る」タイムチケットがesports業界に参入する理由