お知らせ

2020年9月18日 仮想通貨「タイムコイン」は2020年11月11日、BitForexに上場いたします。

株式会社タイムチケットの100%スイス子会社、TimeTicket GmbHが手掛ける、仮想通貨「タイムコイン」は2020年11月11日、BitForexに上場することをお知らせいたします。

株式会社タイムチケットは、個人のスキル・経験を取引できるマーケットプレイス、TimeTicketを運営しております。TimeTicketは30万人が利用するサービスであり、過去3年間で売上が30倍になるなど現在も急成長中です。2019年4月に株式会社グローバルウェイより分社化し、約300万米ドルの資金調達をいたしました。

タイムコインは、TimeTicket GmbHが開発中のブロックチェーン上で稼働するシェアリングエコノミー基盤サービス、TimeCoinProtocolで決済に利用できる仮想通貨です。TimeCoinProtocolを使うことで、企業だけでなく個人でもシェアリングエコノミーのアプリケーションを簡単に開発・運用できるようになります。

 

TimeTicketとeSportStars

TimeTicket GmbHは、TimeTicketの海外版アプリケーションをTimeCoinProtocol上に開発し、中国とインドを中心したアジア圏で展開していく予定です。また、10月には、世界のeスポーツの選手やファンが好きな時にゲームの対戦や観戦ができ、個人間でesportsに関連するサービスやグッズ取引ができるプラットフォームサービス、eSportStarsをリリースする予定です。こちらもTimeCoinProtocolを使用しています。

TimeTicketでは、取引実績に応じてタイムコインが付与される機能「タイムマイニング(Time Mining)」を実装します。ユーザーはタイムコインの保有数に応じてサービス内で特典サービスを受けることができます。同様にeSportStarsでも、大会参加、大会の主催や集客、大会の動画実況、グッズやサービス取引などに応じてタイムコインが付与される「eスポーツマイニング(esports Mining)」を実装します。タイムコインの保有数に応じてサービス内の特典サービスが受けられます。

 

 

タイムチケットを買うとコインがもらえる「タイムマイニング」

 

 

ゲームをやればコインがもらえる「eスポーツマイニング」

IEOの方針

株式会社タイムチケットは株式による資金調達を実施する計画があるため、タイムコインをIEO前に投資家に販売する計画はございません。また、同プロジェクトのアドバイザー、役員、社員が保有するタイムコインは、短期売買ができないように全てロックアップをかけており、中長期的にタイムコインを保有することを前提としております。

タイムコインのIEOの意義は、タイムコインのトークンエコノミーが健全に機能することを大前提としています。今後、TimeCoinProtocol上のアプリケーションを活用する利用者を中心にタイムコインの経済圏を広げることが重要となります。タイムコインの健全な価格形成が必要となるため、中長期でタイムコインを保有しない投資家にタイムコインを販売するのは好ましくないと考えております。TimeTicket GmbHは、BitForexのIEOを通じて限定した数量のタイムコインを販売する予定です。

関連サイト

TimeTicket
株式会社タイムチケット
TimeCoinProtocol
eSportStars
eSportStars Twitterアカウント
eSportStars Youtubeアカウント

関連記事

「好きなゲームを仕事にできる環境を作る」 タイムチケットがesports業界に参入する理由

esports大会に参加すると仮想通貨がもらえる!? タイムチケット独自の仮想通貨「タイムコイン」が描く未来

 “個人が主役の評価経済をつくる” 『タイムチケット』が目指す社会のあり方

5年後に36兆円産業!?シェアエコ市場に挑むTimeticketが分散型化プラットフォームの構築に着手

 【eスポーツ】世界で拡大、2年後には3000億円産業?──タイムチケットが新サービス「いぽすた」で取り組む意義