タイムチケットが、新ミッション「個人が主役の評価経済をつくる」を発表。ビジョン・コアバリューも策定し、新たな成長ステージを目指す

株式会社タイムチケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:各務正人)は、2020年3月16日より、会社のミッション(使命)を刷新し、ビジョン(将来目指す姿)、コアバリュー(行動指針)も追加策定しました。

 

新たなミッションは「個人が主役の評価経済をつくる」、ビジョンは「個人の可能性が誰かの価値になる」です。タイムチケットというプラットフォームから、個人の知識や経験が価値となって適正に評価され売買される社会を創造します。

旧ミッションの「個人のはたらく可能性が多様に広がる社会」は「働き方」という側面にフォーカスしておりましたが、新ミッションは個人が持つ力や価値に着目し、それらの提供のされ方(=働き方)の多様化も内包しながら、個人を主軸においた経済を実現していくと掲げています。

 

 

 

また、ミッションとビジョンの実現を支える、4つのコアバリューとして「常に主体的に行動する」「常に挑戦して成長を目指す」「常に全力で最善を尽くす」「常に個性をチームに活かす」を策定しました。サービスの使命・目的を明確にし、コアバリューを軸に人材の評価・採用を進めていく予定です。

 

 

□ タイムチケットとは

タイムチケットとは、個人が時間を売買できるプラットフォームサービスです。現在のユーザー数は約18万人で、プロフィール写真撮影、恋愛相談、転職・キャリア相談など、約32,000種類の個人の時間がチケットとして販売されています。

URL: https://www.timeticket.jp

 

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社タイムチケット

メール: info@timeticket.jp

URL: https://www.timeticket.co.jp